10歳以上でも
マウスピースで矯正がしたい!
透明で目立たない
マウスピース矯正装置
インビザライン

インビザライン

なるべく目立たない装置で治療したい、仕事柄目立つ装置は付けられない
という方にお勧めの
透明なマウスピースの装置で歯列矯正をおこなうのが、インビザライン矯正です。
インビザラインの特徴と当医院でのインビザライン治療についてご紹介します。

インビザライン矯正は隣にいる人にもきづかれないくらい目立ちにくい装置ですが、
そのメリットだけでなくデメリットも知っていただく必要があります。

10歳以下のマウスピース矯正はこちら

マウスピース矯正のメリット

目立たず
周りに気づかれにくい

目立たず周りに気づかれにくい

透明なマウスピース型の装置を装着して歯を動かします。
ワイヤーなどは使用しないため装置が目立ちません。

食事のときに
取り外しが可能

食事のときに取り外しが可能

お食事中は外していただきます。また、どうしても大切な場面では取り外していただけます。

痛みの少ない
マウスピース型

痛みの少ないマウスピース型

透明な樹脂製のマウスピースは金属アレルギーの心配もなく、針金がとがって歯肉を傷つけることもありません。

治療後の
シュミレーションができる

治療後のシュミレーションができる

AI診断後に現在の歯並びと比較し、ゴールのシュミレーションデータがみられてイメージがしやすいです。
3Dのシュミレーション動画で動く様子もわかります。

透明色のマウスピース矯正で
目立たず治せる主な状態

でこぼこな歯並び 出っ歯 すきっ歯

歯がスムーズに動く10代〜若い世代の成人に
特に有効です。

マウスピース矯正のデメリット

インビザラインでは
治せない症例もある

インビザラインでは治せない症例もある

抜歯症例など歯の移動量が多い症例はインビザライン矯正には不向きです。

付けていないと
治療期間が長引く

付けていないと治療期間が長引く

取り外しが効く半面入れるのを忘れていたりすると効果が出ません。

装置が破損したり、
紛失することがある

装置が破損したり、紛失することがある

通常約2週間ごとに新しいものに交換ですが、取り外したときに紛失したり踏みつけて破損したりしないように注意してください。

適切に使用しないと
むし歯になるリスクがある

適切に使用しないとむし歯になるリスクがある

そのまま飲食すると食べ物や飲み物が装置に残りむし歯リスクとなります。装置を付けたまま水以外のものは飲まないでください。

当医院の
マウスピース矯正治療の特徴

マウスピース矯正(インビザライン)
治せない症例でも対応可能

インビザラインでの治療が難しい場合はワイヤー治療となります。

丁寧な説明

利点だけでなく欠点もしっかりご説明しご納得いただいてから治療開始となります。

費用が明確

診断料3万円 + 72万
計総額 75万円(調整料込み)

マウスピース矯正
(インビザライン)の流れ

ご予約

ご予約

「透明なマウスピース矯正の相談希望」と
お電話でご予約下さい。

ご相談(無料)

ご相談(無料)

患者様の状態がマウスピース矯正に向いているか確認し、ご質問をお伺い、治療プランやスケジュールをご相談させて頂きます。

精密検査(有料3万円)

精密検査(有料3万円)

歯型と写真を撮らせて頂きます。
3週間程で診断結果をお伝えします。
料金や期間のお話をします。
治療を開始するか検討して頂きます。
内容を御納得頂いた時点で装置を発注致します。

治療開始

治療開始

発注後3週間ほどでマウスピースが届きます。
取り扱いの説明と調整を行い、装着を開始して頂きます。

矯正期間

矯正期間

1~2ヶ月ごとに来院して頂きます。
計画通りに歯が動いているかチェックし、調整を行います。
治療期間は、歯並びの状態にもよりますが、半年~2年ほどです。

最終確認

最終確認

歯が正しく計画通りに並んでいるかチェックします。

保定装置

保定装置

きれいになった歯並びを維持するために保定装置を装着して頂きます。
並んだ歯を安定させる為に2~3年程は夜間を中心に使用していただきます。

Q&A

インビザラインができない場合はありますか。

骨格に大きなずれがある場合は、治療をおすすめできない場合があります。
別の方法をご提案する事があります。

インビザラインに年齢制限はありますか。

年齢の制限はありませんが、歯がスムーズに動きやすい10代での治療開始をおすすめしています。
治療期間も短くすむことが多いためです。

インビザライン治療で抜歯の必要はありますか。

多くの患者さんが抜歯を望んでおられないかと思います。
できるだけ歯を抜かずにおこなう治療をご提案致します。

インビザライン治療中に食事の制限はありますか。

食事中は取り外して頂きますので制限もなく、心配ありません。

痛みはありますか。

歯が動く際の痛みは多少出ることがありますが、ワイヤー矯正に比べると取り外しもでき、ワイヤーが頬に刺さるなどの心配もないので治療中の痛みも少ないです。